顧問弁護士の必要性チェックシート

 

 

 

 貴社に顧問弁護士が必要かどうかの判断をしやすくするために,法的リスクを簡単にチェックできるチェックリストです。

 

 

 基本的に,答えが「はい」となる場合に,法的リスクが高く,一度,弁護士に会社の内情を話してみると良いかもしれません。

 

 

 対外的な関係(取引先や顧客との関係) 

 

  • 契約書は基本的に相手方から送られてくるものを使用している。
  • 経営者や担当者が相手方から送られてきた契約書を読んで修正などしている。
  • 担当者に任せ,経営者は相手方から送られてきた契約書を読んでいない。
  • 契約書を交わさずに取引をすることがある。
  • 見積書は契約書ではないから重要ではないと考えている。
  • 発注書は契約書ではないから重要ではないと考えている。
  • どの取引先とは契約書があって,どの取引先とは契約書がないか,調べないとすぐにはわからない。
  • 自社のひな形の契約書があるが,ネットにある書式を参考にして作った。
  • 自社のひな形契約書は,もう何年も見直していない。
  • 自社のひな形については,一度も専門家に見てもらったことはない。
  • 守秘義務契約書は定型的なので,対して重要ではないから,時間をかけてチェックはしない。
  • 相手を信用しているから,契約書は仰々しいと困るので,なるべく短くしたいと考えている。
  • もうすでに相手方とは長く取引があるので,契約書のようなものは必要ないと思う。
  • 売掛が残ってしまい,回収が難しいという事態になってから弁護士に相談すれば,裁判などで何とかしてくれると思う。
  • 問題が起きたら,顧問の税理士の先生に相談すればほとんど解決できると思う。
  • これまでトラブルなど起こっていないので,特に法務で対策が必要ということはない。
  • 弁護士は,裁判などになった場合に依頼するものというイメージがある。
  • 何かあったら,弁護士に裁判を依頼し,勝訴判決が出れば問題はなくなると思う。

 

 

 対内関係(役員や従業員との関係)

  • うちは小規模事業者なので,労働法は関係ない。
  • 顧問に社労士の先生がいるので,労働問題が起きれば対応してもらえるので安心だ。
  • 従業員がこれまで会社に何か請求してきた例などないので,うちは大丈夫だ。
  • うちは,創業者2人で苦労を共にしずっとやってきたので,経営者間の問題は特にない。
  • 親族に株を持ってもらっているが,自分が過半数をもっているから問題ない。
  • まだ自分は若いし,後継者の問題はもう少し後になってから考えれば十分だ。
  • 彼にはもっと会社のために尽くしてほしいから,今度自社株を一部譲ることにした。
  • 社長の私を優秀な息子2人が支えてくれているので,経営は盤石だ。

 

 

IMG_6603 resized 2.jpg


 

 顧問弁護士業務に関するお問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。お見積りや顧問契約の検討のための面談は無料です。

 

 

 試してみないとわからないので,まずは単発のご依頼ということでももちろん問題ありません。

 

 

 ※原則として,当日,遅くとも1営業日(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

 

 

お問合せフォーム・メールでのお問合せ

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

受付時間:24時間



お電話でのお問合せはこちら

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:00(土日祝日は除く)

 

 ※お電話でのお問合せの場合,複数の弁護士が在籍しているため,キクチマサト宛であることをお伝え下さい。不在の場合には,応答した事務員にお名前,連絡先,お問い合せ内容をご伝言下さい。こちらから折り返しご連絡差し上げます。

 

▲このページのトップに戻る