1. 弁護士としての専門性・実績・経験

 

 弁護士が必要になる場面としては,貴社が法律が関わる問題に遭遇したとき,その問題を解決する必要があるという場面が多いでしょう。

 

 

 そのため,貴社にとって良い弁護士というのは,その問題の分野に精通し,高度の専門性と十分な経験を有する弁護士であると言えると思います。このような弁護士を事前に十分に情報収集して選ばれると良いでしょう。

 

 

 当該弁護士が専門性と十分な経験を有するかどうかは,次のような方法で知ることが可能です。

 

 

 例えば,ウェブサイト上のプロフィールを見る,その弁護士の著作を調べ読む,セミナーに参加する,業界の「口コミ」を聞く,利用したことのある他社から評判を聞く,試験的にその分野の法律相談や契約書作成などを一度依頼してみる,などです。

 

▲このページのトップに戻る