ぶれないプロフェッショナル

 

皆様,おはようございます。

先日,贔屓というほど行ってはいませんが,何度か訪れたことのあるフレンチのレストランを訪ねました。

英国に3年ほど滞在していましたから,実に3年以上ぶりです。

このレストランは,妻とのお気に入りです。規模はこじんまりしており,料理は奇をてらわない,シンプルで素材の味を活かしたものが多いです。

味はもちろん,サービスもコンセプトも素晴らしい。

値段もリーズナブルで,いつも満足感が高いです。


さて,3年ぶりですが・・・


全く変わっていませんでした。もちろん良い意味です。


席数,デコレーション,サービスの質,味,食材の質,スタンダードメニュー,値段,雰囲気,すべてです。

本当においしかったですし,マニュアル感のない心地良いサービスを受けました。


3年間でいろいろあったはずです。

時には時代の変化,状況の変化に合わせて変えるべきところを変える勇気も必要でしょう。

でも,古くからのお客様,リピーターになって下さるお客様,こうしたお客様への視点を変えては成功しないこともあるでしょう。

自分の良さは何か,どこをお客様は評価して下さっているのか,それを理解しているからこそぶれないのだと思います。


仕入れ値が変わった,人件費市場が変わった,お店側の事情はいろいろあるでしょう。でも,お客様目線で長期的に良い所を変化させない勇気。これもまたリスクをとった挑戦といえるのではないでしょうか。


私の位置からは見えませんでしたが,妻から聞いたところによれば,ウェイターが食後のコーヒーと紅茶のテイスティングもしていたそうです。

ぶれないプロ意識。


見習いたいと感じました。


読んで下さりありがとうございます。

※本ブログ内の記事等を筆者の許可無く転載またはリンクすることは禁止させて頂いておりますのでご了承下さい。

▲このページのトップに戻る