「飲み会」の位置づけ

 

こんばんは。

今週末は三連休ですね。

皆様,良い連休をお過ごし下さい。


最近感じることの一つとして,飲み会の意味と言いますか,効果と言いますか,色々ですよね。


イギリスにいたときは,飲みに行くという場合,1時間から1時間半,パブでビールを1,2杯(といってもパイントですが・・・)何も食べずにということがよくありました。


その後,皆様家庭に戻って家族と食事するわけです。


最初は,何も食べずにビールをひたすら・・・・というのに抵抗感があったのは事実です。

でも慣れました。


というより,すばらしいな・・・と思うようになりました。


結局飲みながらのコミュニケーションは1時間半くらいがもっとも適切なのではないかと思えるくらい,無駄な繰り返しもなく,無駄に酔っ払うこともなく,記憶喪失ということもなく(誰かがこうなるとあれは何だったんだろうと思うこともあります・・・)

ということで終了するのです。

有益なコミ(飲み)ュニケーションとでも言うのでしょうか。


ついでに,奥様にもそれほど不評にもならないというおまけつき。


時間は有限。


人とのコミュニケーションはこの上なく重要な一方,時間は限られています。

酔っ払って「楽しく」過ごす,ストレスを「解消」するのが目的ならば,それはそれで良いでしょう。

でも,大切な仲間,上司から学ぶことが有るのであれば,時間の使い方,コミュニケーションの方法は見直すところがあるのではないかと,勉強になった経験でした。


濃密な,お互いに代えがたい時間を過ごせるのならば,考えた有益な時間を過ごしたいですね。


読んで下さりありがとうございます。

※本ブログ内の記事等を筆者の許可無く転載またはリンクすることは禁止させて頂いておりますのでご了承下さい。

▲このページのトップに戻る