海外展開には商品名が重要!?

 

皆様,おはようございます。

最近,蒸し暑い日が続きますね。

寝苦しくて困ります。


さて,今日は,海外展開を見据えるには商品名が重要!?というお話です。


私の恩師のイギリス人の1人が,ポカリスエットを好きなんですね。

イギリスでは,私は見かけたことがなかったので,イギリスでも買えますかと聞いたら,普通には売っていないと話していました。

でも,好きだから,日本に訪れたときはよく飲んでいると。


そこで,私が「この名称のまま発売して売れると思いますか。」と聞いたところ,I don't think so.と言っていました。


なぜかわかりますか。POCARI SWEATって,商品名に汗という語が入っているため語感の問題です。

もちろん,違う考えもありましょうが,少なくともここではそういう会話がなされました。


他にも,イギリスにいたとき驚いた商品があります。


あのカルピスです。

カルピスは,イギリスでは,違う名前で売られています。

カルピコと呼ばれています。


なぜか。

カルピスのサウンドが何かに聞こえてしまい,嫌な連想をしてしまうからだということを聞いたことがあります。

Co◯ Pi◯◯・・・ 

真偽の程は定かではありません。


最初からグローバルな販路を狙っている商品で,統一名称とするなら,ある程度考える必要があるのでしょうね。

もちろん国ごとに変えるということもよくなされていますね。

動物などのロゴを使うのも,国によってイメージが違うので注意が必要だとよく言われますね。


読んで下さりありがとうございます。

※本ブログ内の記事等を筆者の許可無く転載またはリンクすることは禁止させて頂いておりますのでご了承下さい。

▲このページのトップに戻る