法曹養成制度の在り方に関する意見書(経済同友会)

 

皆様,おはようございます。


少し前になりますが,経済同友会が「法曹養成制度の在り方に関する意見書」を公開しています。


非常に興味深く拝読しました。


法曹界にあり,現場を体感する者として,現実性,実行可能性の面から疑問なしとしない内容も含まれてはいますが,非常に提案力のあるもので,自分の発送をイノベートするのに役立つヒントが数多くありました。


私が留学したイギリスでも弁護士の資格を与えるための,日本の司法研修所のような機関はありませんでした。


弁護士のたまごは原則としてトレーニーという立場で法律事務所と有給の契約をし,2年間そこで勤務研修を受けると,資格が与えられるというものでした。


制度比較というのも,視点をもってしないと意味はないのですが,制度改革を余儀なくされる場面では研究の余地はありそうです。



読んで下さりありがとうございます。

※本ブログ内の記事等を筆者の許可無く転載またはリンクすることは禁止させて頂いておりますのでご了承下さい。

▲このページのトップに戻る