海外現地法人 不正防止のポイントは

 

皆様,おはようございます。


「海外現地法人 不正防止のポイントは」

という記事に触れました。


非常に重要な視点ですね。

現地法人、販社などを設立した場合、当該法人のコントロール(ガバナンス・コンプライアンス)は重要な課題です。


オペレーション、マネジメントのコントロールは弊害を生むことも多々ありますが、コンプライアンスの重要性は言うまでもないでしょう。


コンプライアンスが行き届かないと、営業上重大な問題になることもありますし、案件によっては親会社まで巻き込まれる事態になることがあります。

ポイントを押さえて適切に組織作り、体制作りをすることが肝要と言えます。


読んで下さりありがとうございます。

※本ブログ内の記事等を筆者の許可無く転載またはリンクすることは禁止させて頂いておりますのでご了承下さい。

▲このページのトップに戻る