5. クライアントの利益考慮

 

 弁護士は,法律・法務の専門家ではありますが,学者や研究職ではなく,貴社からご依頼を受ける以上,貴社の立場に立って,貴社の利益のために行動するのが原理であると思います。

 

 

 そのため,多くの弁護士は,常にクライアントの立場に立って,クライアントの利益を代表するよう努めているでしょう。しかし,一部の弁護士は,プライドの高さなどが原因となって,必ずしも貴社の立場に立って物事を考えない傾向にあることを否定できません。

 

 

 問題があると考えられるのは例えば以下のような行動でしょう。

 

 

  • クライアントが相手方に対し主張をして欲しいと話した内容を,合理的な理由も説明もなく,弁護士側が必要と考えないという理由だけで切り捨てる。
  • ある質問につき法的に「難しい」「不可能だ」と繰り返すだけで,詳しい説明もなければ,代替策の提供もしない。
  • 締め切りを過ぎて書面を送り,クライアントに十分な検討時間を与えない。
  • クライアントが指示または承諾していないにもかかわらず,独断で交渉を進めたり,相手方に伝えて欲しくない情報を伝えてしまう。
  • 合理的な理由がないのに,クライアントの要望を聞かず,弁護士の見解ばかり押し付ける。

 

 

 この点については,次のような方法で,検証し得るでしょう。

 

 

 例えば,ホームページの理念的な記述を参考にする,セミナーに参加し,人となりを観察する,口コミ・評判を聞く,試験的に法律相談や簡単な案件を依頼してみる,などです。

 

 

 もちろんまだありますが,重要な点は以上の5点だと思います。あくまで私見ですが,参考にして頂ければ幸いです。

 

IMG_6603 resized 2.jpg

 

 

 

 お問合せ,見積依頼はこちらからお気軽にどうぞ。

 

 

 ※原則として,当日,遅くとも1営業日(24時間以内)に折り返しご連絡させて頂いております。

 

 

 

▼▼お問合せフォーム・メールでのお問合せ▼▼

  お問合せフォーム 

 kikuchi@mkikuchi-law.com

※契約書を添付して頂ければ見積回答致します。

受付時間:24時間

 

 

▼▼お電話でのお問合せはこちら▼▼

 03-6453-6337

弁護士菊地正登(キクチマサト)宛

受付時間:9:00〜18:30(土日祝日は除く)

 

 ※1. お電話でのお問合せの場合,複数の弁護士が在籍しているため,キクチマサト宛であることをお伝え下さい。不在の場合には,応答した事務員にお名前,連絡先,お問い合せ内容をご伝言下さい。こちらから折り返しご連絡差し上げます。

 ※2. 上記時間以外は留守番電話になりますので,弁護士キクチマサト宛である旨,お名前,連絡先,お問い合せ内容を伝言として残して下さい。こちらから折り返しご連絡差し上げます。


▲このページのトップに戻る